原因と改善方法

症例一覧

  • 慢性皮膚疾患
  • アトピー性皮膚炎
  • 不妊症
  • がん治療

アトピーは一般にかゆみを伴い、体の左右に出て、乳児では2ヶ月以上、それ以外では6ヶ月以上続く慢性湿疹のことをいいます。
(年齢層によって症状の異なる湿疹病変が現れるようです)

  • 耳の下が切れる
  • ほおやあごの赤い湿疹
  • かゆみを伴う湿疹
  • 皮膚が乾燥し粉をふく
  • 関節の内側がジュクジュクする
  • 皮膚がゴワゴワ厚くなる
  • 色素沈着
  • 全身が赤くなってむくむ など

アトピーになる人はもともと乾燥肌で、皮膚のバリア機能が弱くなっており、外からの紫外線などの刺激によって赤みやかゆみといった症状を引き起こします。
湿疹以外にも各種皮膚炎、アトピー性多毛症、水イボやとびひなどにもなりやすくなります。
ステロイド剤を長期にわたって使用している人は、皮膚に対する副作用だけではなく体の自然治癒力も低下していることが多く、それによってますます治りにくくなっています。

pagetop

アトピー性皮膚炎の多くは、アレルギー体質がもとで起こりやすく、アトピーの子供は将来、ぜんそくやアレルギー鼻炎などのアレルギー疾患を発症しやすい傾向が見られます。
また、アトピーの人の多くは、胃腸に負担のかかる物を好んで食べる傾向にあり、体内に余分な物を蓄積しやすいです。その余分な物が湿疹として表れやすいようです。
ステロイド剤を長期にわたって使用している人は、皮膚に対する副作用だけではなく体の自然治癒力も低下していることが多く、それによってますます治りにくくなっています。
しかし、ステロイド剤も急にやめると激しいリバウンドを起こしますので注意が必要です。
体の中からの治療をしながら徐々に減らしていかなくてはいけません。

皮膚だけを治療してもアトピーは治りませんし、逆にバリア機能の弱い人全てがアトピーになるわけではありません。

pagetop

一番のポイントは、その人自身が持つ自然治癒力を高める事です。

体内の老廃物をなくしましょう

胃腸の立て直しも大切です。特に便秘の人は要注意です。
体内の老廃物をなくし、体の中をきれいに掃除する事で胃腸も健康的に働き、悪い要素を体に取り入れなくしてくれます。

スキンケアは必要不可欠

皮膚の炎症を抑える為、スキンケアは欠かせません。皮膚の汚れを取り除き、いつも清潔で刺激のない衣類を着用しましょう。
そして、皮膚が乾燥するとかゆみが強くなるので保湿を心がけましょう。

清潔な環境を作りましょう

布団はまめに干し、シーツ類も清潔に保ち、ハウスダストや花粉の除去に気をつけ、ほこりをためないようにこまめに掃除をしましょう。

悩みすぎ、頑張りすぎなどで悪化させないよう、ストレスをためない生活を心がけましょう。

pagetop

当薬局では、病気になりにくい体づくりを応援しています。詳しくは こちら▶

アクセス お問い合わせ